初心者が動画編集の学習で1番オススメのソフトを紹介

初めて動画編集を勉強する時、どのソフトを使えば良いのかわかりません。

私も色々考えた結果、有料の編集ソフトを購入しました。

結果としては学習へのモチベーションや積極性が上がったため有料を選んでよかったです。

今回、動画編集ソフト選びで1番初心者にオススメのソフトの紹介と選び方を説明します。

実際に使う前に自分のやりたいことを明確にすれば割とどれを使うべきか簡単に気づくかと思います。

memo

初めて動画編集に挑戦するときのソフトウェア選びについて

初心者の動画編集者が1番使いやすいソフトとは

動画編集ソフトで1番使い勝手がいいソフトは"ネットに関連情報が多くアップしているソフト"になります。

基本的に初心者は全ての機能を知らない状態です。

そうなってくると"あの機能の使い方を知りたい"となった場合、楽に検索できる方が詰まることが減りますね。

人間が挫折する理由の多くは詰まってしまうことにあります。

悩む点を最小限に抑えれば継続しやすくなりますし、当初に思い描いた自分になれる可能性は高くなります。

ヘルプ機能、チュートリアルが充実しているもの

ネットには動画編集ソフトに関する情報がたくさんあります。

全てGoogle検索するのもいいですが、公式サイトのヘルプ機能やチュートリアルを積極的に利用するといいでしょう。

特にチュートリアルは自分が全く想像していなかった便利機能を知る良いキッカケになります。

そうした出来事を積み上げていくと知らない間に効率的に動画編集を行うことができます。

動画編集の勉強はテキストより実践かYoutube学習がオススメ

学習方法は様々ありますが、1番伸びやすいのは実際に自分の動画を作ってしまうことです。

教材に習うことも大切ですが、実践経験の方が圧倒的に記憶に残りやすくオススメです。

積極的に機能を使おうとするので能動的に勉強する姿勢が身につき、動画編集が楽しくなります。

あとはyoutubeの動画をみて編集方法をマネることもオススメします。

初心者にやりがちなオリジナルを追求しすぎてダサいデザインになることを回避できます。

見やすい編集方法を感覚的に勉強できるので好きなyoutuberの動画をパクってみるといいです。

AdobeのPremiere Proがオススメな理由

初心者の動画編集者はAdobeのPremiere Proが個人的にオススメです。

理由は公式チュートリアルの充実さです。

使い始めはどこに何の機能があるのかわからないです。

Adobeのチュートリアルは実際にサンプル動画素材を使って作成手順を一通り経験できる仕組みになっております。

1番すごいと思ったのは指示された設定ができた瞬間、手順リストにチェックが入るところですね。

こういうのって手順通りにできたか分からないことが良くあるので、上手く設定できているか不安になります。

そういった点でAdobeのチュートリアルはとても優秀だと感じます。

料金は他のソフトよりも割高

Adobeのソフトはサブスク契約なので毎月か毎年のどちらかでライセンス購入しなくてはなりません。

Premiere Proだけなら月2,500円程度ですが、Photo Shopなど他のソフト全て使えるライセンスだと月5,000円程度です。

他の動画編集ソフトと比べると割高になるので少しためらいます。

ただ、Adobeのソフトは常に便利な機能が実装され続けているので、どんどん編集しやすくなります。

新機能紹介イベントなどもありますし、コミュニティの充実さなど勉強できるところが多いです。

仕事でも副業でもスキルが活かしやすい

動画編集で個人作品だけでなく、他人の作品を編集する仕事を考えている場合はAdobeは必要条件になりやすいです。

動画編集代行やWeb業界などはAdobeソフトのスキルを持っている人が優遇されたりします。

実際、ランサーズや転職サイトをみると必要スキルにPhoto ShopなどAdobeソフトが書かれていることが多いです。

将来、仕事につなげたいと考える人はAdobeを扱った方がいいでしょう。

初めての人向け:Adobeソフトを安く使用する方法について

Adobeは割高ですが、定価よりも安く購入する方法があります。

新年の初売りや、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座を購入の2パターンです。

新年初売りはライセンス料が30%ほど安くなっていたりします。

ただし、年明けから2週間程度の期間だけなのでタイミングを逃しやすいです。

1番のオススメはデジタルハリウッドのAdobeマスター講座

1番のオススメはデジタルハリウッドでAdobeマスター講座を購入する方法になります。

こちらは学割+デジタルハリウッド教材で1年プランを4万円で購入できます。
(全てのAdobeソフトが利用できるプランです)

私が知っている中で1番安くAdobeが使える方法なのでオススメです。

最後に

動画編集は基本的にコンテンツの中身が大切です。

編集はあくまで補助的な役割なので、シンプルを意識すればプロっぽい仕上がりになります。

変に加工してしまうと、くどくなって視聴者が離脱原因に繋がりやすいです。

動画編集代行や自身のYoutubeチャンネルで動画を作るときは、目標にしている動画を再現してみると質の高い動画が作れて楽しくなります。
せっかく始めるのですから楽しめる取り組みを意識してみてください。

おすすめの記事