プログラミングを副業で仕事を得るに必要な手順は知っておくといいです。
何を作るべきか?仕事ができるスキルを身につける方法は?
正しい手順を踏まなければ1円も稼げない結果になってしまいます。
逆に手順を間違えなければ月に数万円稼ぐ力が身に付きます。

Tips

現実的にプログラミングを副業の仕事にする方法

プログラミングを副業として未経験から始めたい

副業で稼ぎやすい分野はネットビジネスです。
ネット環境とPCさえあれば海外で旅をしながら仕事ができるのが最大の魅力だと私は思います。
ネットビジネスといえばブロガーやyoutuberなどがありますが、企業などを相手にプログラミングでお金を稼ぐこともできます。
プログラミングは文字の羅列からデザインや複雑な処理を表現をするイメージがあります。
難しく感じるかもしれませんが未経験でも入りやすい分野を攻めるとチャンスを掴むことができます。

副業に直結しやすい言語はHTMLのWebデザイン

プログラミングの副業なので、ガッツリより手堅く仕事ができる方がいいでしょう。
その場合はWeb制作が一番ハードルが低いのでオススメです。
HTML・CSSの基本さえ押さえておけば、あとはネット検索で大抵の問題は解決できます。
youtubeや無料学習サイトなどで勉強してから仕事を意識して行動するといいです。

教材を使った勉強は完全理解より一通りこなすことを意識

プログラミングを始めたときによくハマるのですが、わからない所は飛ばして最後まで一気に勉強するようにしましょう。
わからない所を理解するまで次に進まない状態で勉強すると高確率で挫折します。
初めはわからなくても後で理解する瞬間がありますので、流しながら一定の調子で走り切ることが大切です。

ひたすらお手本を真似て改造を試す

モノづくりにおいて、何を作ったらいいかわからないことがよくあります。
人間1→10にするよりも、0→1の方が難しいです。
よほど作りたいものがハッキリしていない人は誰かの真似を続けて"作る"経験を積むといいです。
プログラミングは手に馴染ませることで、本当に作りたいものができた時に役立つものです。

事前にランサーズやクラウドワークスで仕事内容を知っておく

副業の最終目標は個人で仕事を獲得して、お金を稼ぐことです。
勉強前や後、副業に興味を持った段階でどんな仕事が世の中に転がっているのか知っておくといいでしょう。
ランサーズやクラウドワークスなど、副業のためのサービスには仕事情報が日々更新されています。
結構具体的な仕事内容や必要なスキルが見えるので仕事で知っておくべき知識が何なのか掴みやすいです。

難しいところは無理に理解しなくて良い

プログラミングでは調べれば調べるほど理解できない概念がよく登場します。
ネットにはさまざまな情報が溢れており、たまたまわかりやすいページが見つからないことが多いです。
その場合は、無理に理解しようとせずあと回してOKです。
あとあと連鎖的に理解を深めていつの間にかわかっていることがあるので気にする必要があります。

仕事を探す前にポートフォリオをとしてWebサイトを作っておく

一通り学習が終わって、仕事を取りに行く前に自身のポートフォリオを1つ用意することをお勧めします。
最近勉強して実績がない人に仕事をいきなりお願いする人は少ないです。
あっても単価が極端に少なかったり割りに合わない案件だったりします。
貪欲に仕事を取りに行くことも必要かもしれませんが、せっかくなのでプロとして仕事したいですね。
ポートフォリオがあればクライアント側もスキル確認ができますので質のいい仕事を撮りやすくなります。

ランサーズやクラウドワークスなどに登録してガンガン提案する

Webについて一通り学んだら、あとは実践に挑戦する方が成長度が高いです。
もっと学習で知識を深めたい気持ちがわかりますが実戦の方が身に付きやすいです。
教科書を読んでも問題を解いても、経験面においては仕事が圧倒的に上です。
ランサーズなどに登録して案件を提案するといいです。
最初はライバルが多くて案件受注に至らないことがほとんどですが、試行錯誤で提案方法の改善することができます。
何十、何百とこなしていると依頼してくれるクライアントが見つかります。
SNS(Twitterなど)のDMで営業をかけることも視野に考えるといいでしょう。

Web制作以外にも動画編集代行の仕事も狙い目

今回Web制作のプログラミングを副業にするといいと紹介しました。
ただ、ここ最近はyoutubeの動画編集代行の仕事も副業として人気が出てきています。
Adobeソフトの使い方をある程度は勉強する必要がありますがプログラミングに苦手意識がある人はオススメです。

まとめ

プログラミングは難しいイメージが持たれがちです。
しかし、PCとネット環境さえあれば場所を選ばず働けるコスパが高いビジネスです。
今は学習サイトも充実してしるので無料で勉強することができます。
新しい収入源としてプログラミングを副業にしてみることを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事