[mac/win対応]Python学習向けエディターで簡単にプログラミングを始める

プログラミング学習を始める時に悩むのがどんな開発ツールを使用するかです。
正直メモアプリでもプログラミングのコードを書くことは可能ですが、どうせなら使いやすい開発ツールを使いたいですね。
Pythonでプログラミングを始めるときにも様々な開発ツールが存在します。

  • Pythonをインストールした時に付属するもの
  • Anaconda(既にいろんなオプションが追加された状態のPython環境)
  • Visual Studio Code

など探せばいくらでも見つかります。

特に決まりがない方はjupyterというPythonモジュールがオススメです。
Pythonの特徴である対話型プログラミングで実行することが可能で、打ち込んだその場で出力状態を確認することが可能です。
今回jupyterについての特徴を紹介していきます。

後半では学習を始めた初心者プログラマーがやりがちな落とし穴など紹介します。

jupyterがPython学習に向いているオススメのエディターである理由

jupyterはPythonの開発ツールの中でも簡単で公式に近いエディターです。
環境もインストールコマンドを実行するだけで使えますし、使い方でわからないことがあってもネットで調べることができます。
入力から出力まで1つのツールで賄えることで、余計なことを考えずプログラミングに集中できるメリットもあります。
初心者にとっての壁となる環境構築を簡略できる点は学習の効率をあげる大切なポイントです。
もし、Pythonでプログラミングしたいけど開発ツールはどれにしたらいいかわからない人はjupyterを選んでみてください。

Python特有の対話型プログラミングが可能

Pythonには対話型という方法でプログラミングできる言語です。
一般的にテキストベースでプログラムを書いた後はコンパイル(もしくはビルド)と呼ばれる、今書いたプログラムを機械が読めるように変換する流れになります。(C言語などは主にこの方法)
イメージ的には文字(書いたプログラム)を数字(0と1のみ)に変換します。
一気に変換するため、書いたプログラムは一通り完成させる必要があります。
しかし、Pythonはその必要はなく、1行プログラムを打ち込めばその場で実行されます。
会話(メッセージ)のやりとりのようにプログラムを実行することから対話型と呼ばれています。

メリット:1行打ち込み内容をその場で確認、ミスはエラーで教えてくれる

jupyterは対話型プログラミングが行えることから、記述にミスがあればすぐに指摘してくれます。
いちいちどこを間違えたか探しに行く必要がなくなりますし、自分はなんの処理を書いたか出力で確認できるメリットがあります。
1つの画面で実行と確認がすべて行えるのでPython学習には向いているといえます。

メリット:打ち込んできたプログラムは自動的に記録される

jupyterは打ち込んだプログラムは常に記録されており、学習を途中で止めてしまっても次回からすぐ再開することが可能です。
前回自分は何を学習していたか復習することにも使えるので、一目でおさらいするメリットがあります。
記録は”~.ipynb”という拡張子のファイルに保存されます。

デメリット:あくまで機能(プログラム)をお試しで動かしてみることに向いている

Python学習で少し規模の大きなプログラミングに挑戦したい場合、もしくは何かオリジナルアプリを開発する場合はjupyterはオススメしません。
あくまでjupyterはちょっとした機能を試したい、動作確認したい人に向いている開発ツールです。
なので、そんな場合はVisual Studio Codeなどの開発ツールを選ぶと良いでしょう。
Visual Studio Codeはマイクロソフトが作った開発ツールで使い方などの情報はネットにたくさん存在します。

jupyterのインストールと使い方を紹介

インストール手順

macの場合はターミナル、windowsの場合はコマンドプロンプトを起動
jupyterがPythonにインストールされているか確認
“pip3 list”もしくは”pip list”

インストールされていればjupyter 1.0.0などが表示される

ない場合はjupyterインストールコマンドを実行する
“pip3 install jupyter”もしくは”pip install jupyter”

installコマンド実行後"pip3 list"でインストールできたか確認

使い方

macの場合はターミナル、windowsの場合はコマンドプロンプトを起動
適当な作業フォルダに移動する
“cd 作業したいフォルダパス”
jupyterコマンドを実行
“jupyter notebook”

今回0913フォルダ内で実行する

実行後、ブラウザが起動してjupyterの画面が開く
好きなPythonプログラムを実行してみる

jupyter notebook実行後、表示される画面
"新規"から"Python3"を選択するとプログラミング画面に移る
新しいタブが開かれ入力[番号]にPythonプログラムを記述できる
名前を変更する場合は一番左上にある"Untitled"をクリックするとリネーム可能




実行フォルダに"ipynb"が保存されるので次回作業を再開する時は"test001.ipynb"を選択

jupyterは自動で保存してくれるので普通に閉じて大丈夫です。

[あるある話]プログラミング初心者は全てのプログラムを打ち込むまで実行しない傾向にある

初めてプログラミングに挑戦する人はテキストに書いてあるプログラムを全て完全に書き終わるまで実行しない傾向にあります。
プログラミングに自信がある人は1発書きで動かすことができるかもですが、初心者はうっかりミスが多いので細かく動作の確認をオススメします。
1行ずつ追加して確認する方が今何の処理を書いたかチェックできるため、理解しやすく学習効率はアップします。

処理の細分化はプログラミングに必要な基礎テクニック

活躍できるプログラマーの特徴は複雑な処理をシンプルに書けるかが判断の1つであると私は考えています。
細かく処理を分割(関数でまとめる)ができる人のプログラムコードは読みやすく、バグも少ない傾向があるからです。
特にこの細分化テクニックはいろんな書籍に書かれているので本屋さんで買って読んでみると良いです。
将来プログラマーとして会社で働きたい場合は、チームで1つの開発を行うので他人が見てもすんなり構造を理解できる方が会社で重宝されます。

爆速インプットアウトプットで学習効率をアップ

jupyterは書いたプログラムをすぐ出力できるため、今のプログラム状況を確認しやすいです。
インプットとアウトプットの間隔が短いほど理解の効率は高くなります。
ちょっとした機能を試したい、使い方を理解したい場合はjupyterがおすすめです。
既にVisual Studio Codeなど使っていて慣れているのであればそちらを使った方がいいでしょう。
プログラミング学習で開発環境作りだけで満足してしまいがちなので、さくっと環境が整うツールを知っているだけで学習へのモチベーションが続きやすくなるはずです。

おすすめの記事