ここ数年、人工知能が活躍する場が増えてきました。

それに伴い仕事が全て機械に置き換わると言われており、不安に感じる人も多いです。

今回、人工知能に負けないようにどうすれば仕事を奪われないのか紹介してみたいと思います。

人工知能の役割を正確に理解すれば、奪われない仕事はどんなものなのか見えてくるでしょう。

人工知能に仕事を奪われないスキルは”好きなことへの探究”

人工知能から仕事を奪われないためには、人工知能にとって難しいスキルを持つことが重要になります。

一番は自分の好きなことに詳しくなり、個性を出せるレベルまで磨き上げることです。

自分にしか出せない強みは今のところ人工知能は表現することができません。

個性が出る仕事、主にクリエイティブな仕事が有効と言えます。

極端に言えば"好きなことを仕事にすること"がこの先仕事を奪われる心配は回避できるということです。

人工知能の目的は最適な答えを導くこと

人工知能とは何か問題について、最適な回答を出すことを第一に作られています。

アマゾンやグーグルなどでユーザの悩みを解決できる商品や情報を1発で導くことに人工知能が使われます。

将来、人工知能が発達して奪われる仕事は最適な答えを出す案件が多いでしょう。

この裏を書いて機械に真似できないビジネススキルを今から見つけることが将来の安泰につながります。

誰がやっても同じ結果になる仕事は人工知能に置き換わる

特に人工知能は機械なので、同じ作業を繰り返す作業がとても得意です。

単純な作業は人工知能でやってしまった方が人間が取り組むより、早く正確でミスも少なくなります。

つまり、将来まっさきに人工知能に奪われる仕事は”誰がやっても同じ結果になる”ような案件になります。

ここを考えて自分がこれから伸ばすべきスキルというのが少し見えてくるかと思います。

プログラマーも危ない?人工知能に負けるエンジニア

よく人工知能に仕事を奪われたくなかったら開発者、プログラマーなどエンジニアになるといいと聞きます。

確かに、人工知能を作る側になれば仕事に困る心配もなくなります。

しかし、簡単なプログラミングであれば人工知能でも作ることができると言われているため、安心することはできません。

特に日本のプログラマーは海外に比べて簡単に仕事にすることができます。

専門的な知識を持たない量産型プログラマーは人工知能に負けてしまう可能性があるのです。

楽天は人工知能にマネしにくい分野で戦っている

すでに人工知能に対して対抗策を考えて取り組みを行なっている企業が多数存在します。

一番有名なところでいえば楽天です。
楽天は人工知能を使うアマゾンとは違う切り口で商品を販売する企業になります。

アマゾンはユーザの購入履歴からおすすめの商品を紹介する特徴がありますが、楽天は商品情報を詳しく紹介する特徴があります。

楽天は商品を販売する店長が商品について紹介コンテンツを作ることができるのです。

おかげで商品のエキスパートである店長が自身の”好きな商品”をアピールすることで個性が生まれます。

同じ商品でも説明や紹介はお店によって違いますので、人工知能では表現できません。
どの商品にしようか楽しめるオンライン版ウィンドウショッピングが楽天の強みになります。

人工知能に仕事を奪われないために伸ばすスキルを見つける

楽天のように個性を活かした手法は人工知能に勝つために有効な手段です。

自分の仕事はどうすれば楽天のような切り口を生み出せるか、個性を作るにはどうすればいいかが重要となります。

一番簡単な方法は”好きなこと”を極めることです。
好きなことは自然と情報を集めて、知識と手法を吸収することができるからです。

人工知能は最低限の情報を提供するのに対し、相手に合わせて喜びそうな情報を最大限提供するようなイメージです。
そんなスキルを伸ばして仕事にすることができれば、将来人工知能に仕事を奪われる心配はなくなるでしょう。

仕事はやりがいと食べるためのバランス調整するべき

とはいえ、好きなことを仕事にすることは難しいです。

まず多くの場合は収入が下がりますし、生活面で支障が出る確率は高いでしょう。

始めは食べていくための仕事をしながら、好きなことを仕事にする準備を少しずつ進めることをオススメします。

それから徐々に好きなことへの割合を増やしていき、やがて100%好きなことを仕事にする流れが一番安定しているからです。

長期的に自分の好きなことを見つけて深掘りすれば将来、自分だけのビジネスで働いていくことができます。

おすすめの記事